Let's スクールライフ! School Lifeアメリカ留学、TOEIC
リンクページ
オリジナルTシャツ作成をしよう
TOEICの勉強法や英会話と英語講師募集
英語講師募集の情報
英語翻訳と翻訳会社

翻訳会社に依頼したい契約書やマニュアルの英語翻訳。選ばれる翻訳サービスとはなにかを考えてみましょう。

公園施設にある遊具

公園施設で気になる遊具はありますか。子供向けだけでなく大人向けの健康遊具なども設置されています。

コンテンツ

ホーム 公園施設

公園施設項目一覧

  1. 公園施設
  2. 小動物がいる公園施設
  3. シンプルな公園施設である砂場
  4. 公園施設の利用におけるルール
  5. 外出して公園施設で遊ぶ
  6. 公園の遊具の代表級、シーソーの豆知識
  7. 公園施設では安全点検が必須
  8. 子ども向けだけではない、高齢者にもおすすめの公園施設
  9. 公園施設の今と昔の比較から分かること
  10. ペット連れでの公園施設利用
  11. 公園施設についての考え
  12. 公園施設製品安全管理士について

公園施設

小さい子供も利用する事がある公園施設というのは安全であると認識している人も多いでしょう。しかしながら、夜になると誰も人がいなくなったりして、人通りがなく、安全だと言い切れない事もあります。

物騒だと感じられる事もあるかもしれませんね。昼の様子とは全く違った状況となる事もあります。

また、辺りが暗くなると視界が悪くなりますので、ランニングや犬の散歩など一人で夜遅くに公園施設を利用する時には、十分に注意する様にしたいですね。

ひったくりなどの被害も起きているみたいです。お金を持っているかどうか、という事に関わらず犯罪に巻き込まれてしまう事も考えられますので、自分の身は自分で守る様にしたいですね。

公園施設の株式会社タイキ

小動物がいる公園施設

小さい子供がいると小動物を見ると喜ぶ事もあります。

公園施設にはいろんな小動物がいます。ハトやスズメなどは多いでしょう。ときどき猫などもいたりします。また、水がある所ではメダカや金魚カモがいる所もあるかもしれませんね。

大きな施設では、うさぎやアヒルなどの小動物を飼育しているところもあるでしょう。
しかし、餌をやるのは禁止としている公園施設もありますので、勝手に餌をやる事がない様にしたいですね。そして、自宅で飼えなくなってしまったペットを放したりする事も辞めましょう。

一部の水辺では本来は国内にいない外来種が増えている所もある様です。

もし、何かペットを飼うのであれば、飼い主が最後まで責任を持って飼う覚悟を決めてから、飼う様にしましょう。
生き物は大事にしたいですね。

公園施設の遊具に関する記事

シンプルな公園施設である砂場

シーソーや鉄棒などの公園遊具が特に設置されているという分けではない、公園もあります。その場合に遊べる公園遊具というのは砂場だけという事もあります。でも、砂場というのは自由に遊ぶ事ができますので、楽しいものです。

また、砂場遊びの道具があれば、更に楽しくなる事でしょう。お城を作ったりする事もできます。トンネルを作る事もできますね。

一人で遊ぶ場合には、大きな物を作る事ができない場合もありますが、たくさんの人で一緒に遊ぶ場合には、大きな物も作る事ができるでしょう。

水を使って作ると、砂が固まって強度が増す様ですね。学校の校庭にある様な固い地面ではなく、砂場の砂は柔らかいので遊びやすいでしょう。

公園施設の利用におけるルール

入口付近などには、公園施設の利用におけるルールなどが記載されている事もあります。

近頃では意外に細かいルールが決められている事もあり、自由に遊べない公園施設も増えているみたいですね。

マンションの中の一角の公園であれば、大声を出す事すら禁止と書かれている事もある様です。

また、子供だけではなく保護者同伴でないといけない所もあるみたいです。また、公園施設の中には自転車で入る事を禁止としている事もあります。

昔は比較的子供が自由に遊べる場所は多かったと思いますが、最近では住宅事情などにより、思いきり遊べる場所というのはあまり多くない様ですね。

決められているルールは守って利用しましょう。

外出して公園施設で遊ぶ

最近では、ゲーム機で遊ぶ子供が増えています。持ち歩く事ができますので、自宅でいる時だけではなく外出先でもゲームを方手に遊ぶ子供もいます。

公園施設で体を動かして遊ぶという機会が少なくなっています。ゲームでは体を動かす事が少ないので、運動不足に陥ってしまう事もあります。

ゲームで遊ぶのも良いですが、たまには外出して公園施設で遊ぶという事もいいでしょう。定期的にその様な場所に行くのを習慣にしたいですね。

学校に行くと体育の授業もありますが、長期休暇などになると、自宅にいる事が多くなり、つい運動不足になりがちですね。子供の時からたくさん運動する事で、体力のある強い体を作りたいですね。

公園の遊具の代表級、シーソーの豆知識

公園にいけば、たくさん並んでいる遊具に必ず含まれているであろうシーソー。子供の頃からの思い出がなつかしい人も多いと思いますが、その名前の由来は何なのか、知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

英語ではSeesawと書きますが、これは実は「見る」を意味するseeとはほとんど関係がないのです。もともとは、かの有名なマザーグースの一部分に出てくる、「See , saw , Marjorie Daw」という歌詞が元になっていて、この歌詞の内容は、二人の少年がノコギリを持ち、木を切っている、という話なのです。そこで、その様子が遊具をこぐ子供たちの姿によく似ていることから、現在の「シーソー」の呼び名がつけられたのです。

公園施設では安全点検が必須

公園施設には、遊具など幼い子供が遊ぶものも多くあります。そういったものは年数が経過すると劣化し、破損することもあります。危険なところをそのままにしておけば子供たちの身に危険が及ぶこともあるのです。

そのため、安全点検が必要になります。きちんと動作するかという事に加え、子供が利用して危険ではないか、子供の目線に立って点検をしていくことも大切です。子供たちを健やかに育てていくために、公園施設というものは欠かせないものといえます。こうした安全点検を行っていくことで子どもの育成の場と安全を守っていきましょう。

子ども向けだけではない、高齢者にもおすすめの公園施設

公園施設と言えば、砂場やブランコに滑り台など子ども向けの遊具が頭に浮かびます。座りやすいシートタイプのブランコや、ローラータイプの滑り台など遊具にもさまざまな工夫がなされていてとても楽しく遊ぶことができます。

そんな公園施設の中には、最近では高齢者にもおすすめの設備が充実している施設が増えています。

健康遊具」と呼ばれる遊具が充実した公園です。例えば背もたれが緩いカーブをしていて背筋を伸ばしてストレッチすることができるベンチや、足裏を刺激しながら歩くことができる健康遊歩道などがあります。高齢者の憩いの場であり、健康をサポートする場でもあります。

公園施設の今と昔の比較から分かること

公園というのは、人々の生活における憩いの場として必要不可欠な公共施設であり、主に子供や家族の遊び場や、お年寄りの集まりの場などとして機能しています。そんな公園施設の今と昔を比較してみると、様々なことを理解することができます。特に、安全における意識の変化は見逃せません。

最近になって子供が遊具で怪我をする事例が相次ぎ、遊具の安全面を確保する働きかけが盛んになっています。そのため、より安全に遊ぶことができるようになった一方で、野球などのボールを用いた遊びやスポーツが禁止される所も増えてきました。これには一定の批判があるため、今後も話し合いによってより良い公園施設を保つことが大切です。

ペット連れでの公園施設利用

犬の散歩コースのひとつに公園施設があるという方も多いのではないでしょうか。近年公園の規則も厳しくなっていて、ボール遊びと並んでペットをリードから離すことも禁止しているところが多いです。砂場などの遊具で糞尿をしたり、利用者に怪我をさせてしまったりといったトラブルがあったためです。

また、ペット可の公園であっても、子連れの利用者が多い時間帯はリードを離さない、糞の後始末はしっかりするといった周りへの配慮は必要です。元気いっぱい駆け回って遊ぶ犬を見ていると飼い主も楽しいでしょうが、思わぬ怪我やトラブルが発生しないように注意しなくてはなりません。

公園施設についての考え

公園施設の遊具は、小さなお子さんが安心して遊ぶことのできる、安全なものが良いと思われます。

また、公園施設の遊具は、様々な年代の子ども達が楽しめて、運動をすることができることが大切だと思われます。ジャングルジムや滑り台など、色んな種類が揃っていると、子ども達が楽しく、運動して、体力もつくと思うので、とても必要性のあるものだと思われます。

それで、安全で管理も行きとどいた物を設置し、子ども達が毎日楽しみながら、運動能力も鍛えられる物が好ましいと思われますし、そんな物なら、もしかすると大人でも楽しみながら運動させてもらえるかもしれません。

公園施設製品安全管理士について

公園施設安全管理士と聞くと、どのような仕事をするのかイメージが浮かばない人もいるかもしれません。

公園にある遊具などを製造から施工、メンテナンスから修繕まで、公園に関わる業務をすべておこなっていると言っても過言ではありません。

この資格に関しては、国から認められたものであり、公園施設点検管理士の資格を持っていなければ取得することができないようです。

資格を有するだけではなく、高度な技術や能力、経験や管理する力が求められるものであるようです。安心安全に公園を利用するためには、あらゆる能力が求められるのかもしれません。

メニュー

HOME オリジナルTシャツ Tシャツ作成 TOEICテスト 英語講師募集 英語翻訳 英語翻訳サービス 翻訳会社 公園施設 遊具

学校行事でおこなうオリジナルTシャツ作成や英会話スクールの英語講師募集、英語翻訳サービスをおこなう翻訳会社、公園施設の遊具についてなど様々なコンテンツをご用意しております。